1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第14話 ミラノ-6
     ベッドに寝そべり、TVを見ながら、用意を始める。しかしすぐに終わってしまい、8時半前であったが、ロビーへと下りていく。すると二人は既に待っている。
     すぐにホテルを出ようとすると、どんよりとした雲が空を覆い、雨がまばらに降っている。山本さんの先導で地下鉄へと向かう。
     入り口の階段を下りていくと、ガランとして広く暗い。ガンメタリックの色をしたコンクリートが冷たい。人気は殆どいない。土曜の朝に東京ではこんな状況はありえないと思う。
     そして、改札口や切符を買う場所が見えてくる。改札口は駅員がグレーのプラスティックに囲まれた中から、通る客をチェックしている様である。
     しかし、改札口で切符を殆どチェックされている様子がない。何人かが通り過ぎるが、チラッと紙片を見せているだけの様に見える。いや見せていない人も見かける。
     地元の人は切符を買っているのか?定期の様なものがあるのか?何れにせよ、買わなくてはならないという厳しさはなく、良心に任せるという感じである。
     表示板をあてにしてホームへと向かい、電車を待つ。ホームで待っているのは、モデルの様な足の長く綺麗な白人女性がベンチに腰掛けて待っているだけである。
     少しすると電車が来て、それに乗る。さっきまでの人の少なさとは違い、車内は席は全て埋まり、また結構な人の数である。
     そしてアコーディオンを持った初老の男性がいる。俺はそれを見てあるエピソードを思い出す。
     いきなり音楽を演奏してみせて、お金を要求するという事。他にもバリエーションがある様で、「この人は親切だな。」と思わせておいて、後でお金を要求するという筋書きである。
     そしてこの男性も演奏を始める。聞いたことのある曲ではないが、物悲しく、切ない気持ちにさせる。
     少しの間、その音楽に浸ってしまう。しかし、音楽が途切れると、その男性はチップを入れる箱を持って回ってくる。確かに、いい曲であったが、知らん顔をさせてもらう。
     隙を見せてはならないという緊張からかもしれない。するとすぐにドォーモ広場に到着する。
     電車を降り、出口の方へと向かう。屋根のない階段を上がっていくと、雨は依然として降っている。すぐに折り畳みの傘を広げ、地上へと到着する。
     すると周囲はこってりとした純ヨーロッパ風の建物が周囲一体の広場を囲うように立ち並んでいる。

    ドォーモ広場


     大聖堂などはわかるとしても、商店街があるアーケードの入り口の門でさえ巨大で荘厳な建物である。思わずデジカメを手にして撮影してしまう。

    アーケード門


     あまり写真を撮るのは好きではないのだが、こればっかりは撮らずにはいられなかった。ただ、名物の大聖堂は改修中で全景を拝む事はできなかった。

    ドォーモ大聖堂
    スポンサーサイト
    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    第15話 ミラノ-7
     そして、広場からアーケードの門をくぐっていっても、驚きは続く。

    アーケード

     その天井の高いこと、高いこと。二階や三階どころではない。どうみても必要性などない程である。そう、上に神聖な空間があるかの様である。
     通りの人通りは少なく、殆どの店が開店していない。カフェバー、リストランテ、そして本屋が開いているぐらいである。
     私は友人にドルチェ&ガッバーナのCalcioという本を探す様に頼まれていた事を思い出す。そして、旅行雑誌に載っている、ミラノでは大きい書店という所に寄ってみる。
     メモ書きを見せ、片言の英語で聞いてみるが、どうやらない様である。地上二階、地下一階の本屋が大きい本屋とは、東京在住の俺からしたら、中規模であるから、少し納得がいかない所ではあったが、仕方ない。
     時間はあるので、並んでいる本を見て回る。すると、スポーツ新聞が目に付き、タイトルを追っていく。すると、ガゼッタデロスポルトという、週刊サッカーでも時々紹介される有名なものを発見。イタリア語だが、選手名やサッカーの単語程度、写真を見るのも楽しいであろうと思い、自分へのお土産として購入する。
     こうして本屋をあとにする。
     そしてアーケードを抜けるとすぐにレオナルド・ダヴィンチの石像、そしてスカラ座が目に入ってくる。

    レオナルド・ダヴィンチの石像

    スカラ座は一部工事をしている。

    スカラ座

    オペラに興味はないが、そんな私でもこれが聞いたことのあるスカラ座と感嘆してしまうのだから、不思議なものである。
     夢中で写真を何枚か撮り、また三人で話しながらアーケードをまた戻って、ドォーモ広場へと戻る。
     時計を見ると、まだ9時過ぎ。
     雨は相変わらず。
    「どこかで雨宿りしたいですね。」
     高橋さんの言葉に、山本さんが答える。
    「確かにまだお店も開いているという感じではないしね。」
    「それじゃ、カフェで座って話しながら、今後の行動決めませんか?」
     すると、高橋さん、山本さん共にこれに賛同。辺りを山本さんが見回す。
    「あそこのカフェで戦略会議を開こう。」
     と、言う。戦略会議とはまた大袈裟だなと苦笑しながら、そこへと付いていく。
     カフェは日本にあるコーヒーショップと大して変わらない感じだったが、カプチーノ一杯が500円近くする。
    「高いんですね。」
     そう言うと、答える山本さん。
    「これぐらいはするものなのよ。」
     安いカフェで戦略会議を開くイメージを抱いていた俺は、味はともかく高いなと思った。 テーブルも椅子も大きくなく、狭いが、とりあえず三人で旅行雑誌を広げる。
     どこに行きたいであろうか。ミラノの渋谷的な場所など、色々見つける。行動一日目にしてこういう光景があるのは、観光よりサッカー観戦がメインであるが故だろう。
    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。