1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第19話 ミラノダービー-2
    サンシーロ外観

     トラムの出発が遅れたとはいえ、キックオフの2時間前にスタジアムであるサンシーロに到着する。まずはその大きさに圧倒される。
     東京にある霞ヶ丘国立競技場の外側に1.3倍ぐらい大きく上には3倍ぐらい大きい。巨大要塞といってもこの大きさを表し切れていない様に思う。
     昼間に見た大聖堂の中の柱の大きさ、天井も天空を感じさせるほど高かったがそれとはまた違う近代的な大きさである。
     そう考えると大聖堂は、日本の寺院に似た奥深さを感じる。そして神の降臨さえ予感させる。こんな事を漫然と思っていると、それを遮る様に鬨の声が空から聞こえてくる。
     一体どこから響いてくるのかわからない程大きく、その声に包まれる。勿論、スタジアムの中からである事は容易に推測できるのではあるが。
     まずはスタジアムの観客席を目指す。これも山本さんの先導である。チケットを見ながら入り口を目指す。すると、五階建てか七階建てほどの階段を上らされる。そして指定席のゾーンに辿り着き中に入ってみると、あれだけ階段を上ったのに本当にピッチが近い。選手の細かい足さばきも見えそうである。
     ワクワクしながら自分の席を探す。ここで少し異様であるがイタリアらしい光景を目にする。時間も時間なので指定席を埋める観客は3分の1程度である。しかし観客席に座る為の上り階段には、整然と一列で座っている人達がいるのである。
     つまり上る階段を座っている事で、その階段を使う事ができないのである。
     仕方なく、背もたれのない座席を階段代わりに上がっていくしかない。
     小さな山登りとでも言う様に息を切らして数十段を上っていく。山本さんに手を貸しながら。
     そしてその階段の列をまじまじと見てしまう。女の子が脚を開いてその前に隙間無く男の子が座る。高校生ぐらいの親しげなカップルである。その前も、その前もおじさんやら男の子が座っている。隣りに座る山本さんに聞いてみる。
    「あの人達は何なんでしょうね?」
    「きっと正規のチケットを持ってないんでしょう。どうやって入るのかはわからないけれど。」
    「ええ、チケットのチェックとかしないんですかね?」
     その瞬間に地下鉄での切符のチェックの事を思い出す。仕方ないなぁと思う。しかし、時間ギリギリに来る人はどうするのだろう?人垣をかき分けて席へ来るしかない。
     そんな不安を余所に、応援歌が聞こえてくる。
      左手にあるミランサポーターから、大きな声で腕をかざして手を叩いて。8万5千人収容するというスタジアムがこの声というか、大音響で包まれる。スタジアムで流している音楽など熱狂的なサポーターから少し離れている俺にさえ殆ど聞こえない。古代の戦争など私は知らないが、きっとこれほど大きな鬨の声をあげる事もあったのだろうかと思ってしまう。
     逆にインテル側の応援が始まると、ミラン側は数万という数の指笛でブーイングをする。中指を何度も立てている者もいる。イタリア語の罵声はわからなくても、痛烈に相手を否定しているのは肌で感じるし、また恐ろしくなる。それほど感情が渦巻いている。
     まだ試合の一時間半も前だというのに。

    スポンサーサイト
    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    第20話 ミラノダービー-3
     何のタイミングで始まるのかはわからないが、時折応援歌が始まる。それと同時に発煙筒がもくもくと焚かれ、それが壁の様に見える。
     ミラン側が焚けば、インテル側も負けじと焚く。

    ミラン試合前ゴール裏1     インテル試合前ゴール裏1

    ミラン側に位置するこの席では、煙くて仕方がない。
     時計を見る度にすぐに10分が過ぎ、そのたびに隣の席や前の席も徐々に埋まり、選手達がウォーミングアップにグラウンドに出てくる。
     武者震いをしているのか、応援歌の途中の合いの手に合わせて自分も叩いてしまう。というのもリズムはJリーグで親しんでいるものと同じものがあるからである。
     感情の渦巻きに共鳴するかの様に、鼓動も早くなる。
     どんな試合が行われるのか?
     ACミランの方が好きであるから、勝って欲しいが、やはり面白い試合であって欲しい。
    しかしサッカーというものは、必ず面白い試合があるわけではない。しかし、どうしても期待してしまう。
     そしてついに、選手入場となる。
     両チームのゴール裏では、旗などが大きくはためく。そして渦巻く大声援。


    ミランゴール裏試合前2     インテルゴール裏試合前2



     さあ、始まりのホイッスルが鳴り、選手達が動き出す。
     ついに始まるミラノダービー。
     最初こそ、ドキドキやワクワクといった感情が湧いてきたが、段々とトーンダウンしてしまう。入る気がしないシュート。どこか集中力に欠けたプレー。
     そしてインテルのCKから失点。本当に呆気ない。そして数分後にはまたもやCKのこぼれ球をミドルシュートを打ち込まれて、2失点。
     幸運なゴールのインテルに対して、ミランの取り返そうとする闘志を感じる事はできない。
     ダービーという名を冠するには、内容が少し寒く感じる。お互いがやりたいサッカーをやれている様には見えない。
     ミランは、FWのシェフチェンコが孤立してしまい、攻撃は停滞。3列目と2列目をボールが行ったり来たりする所で終わってしまうのである。
     イタリア人でも同じ様な感覚を抱いているのではないか?と思える。
     そして前半も終了してしまう。
     山本さんと話す。
    「あまり良い試合ではないですね。」
    「そうね、このまま終わっちゃったら嫌ね。」
    「本当ですよ。」
     溜息混じりに俺が頷く。
     すぐに後半が始まってしまうが、ここに来て少し嬉しい事がある。
     好きな選手である、トマソンがルイコスタに代わって出場するのである。とても嬉しい采配に、不幸中の幸いと喜ぶ。これで負けても仕方がないとさえ観念しながら、とにかくトマソンのプレーを重点的に見ていこうと強く思う。
     しかし、それだけで終わる試合ではなかったのである、この後半は。

    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。