1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第22話 ミラノダービー-5
     「大変でした。あの階段を上るのも大変でしたけれど。」
    「確かに、階段にああ座られてはね。」
    「イタリア語どころか、英語もあんまりなんで、苦労しました。」
    「服を見て着いていくって感じだった?」
     サポーターは、赤と黒か、青と黒のチームカラーの服を着ている事が多いからだ。
    「本当にそうです。でも、まあ間に合ったんで、良かったです。」
    「そうだね、それは確かにそうだ。」
    「それよりも、同乗者の殆どがミランサポーターで。」
    「肩身の狭い思いをした?」
    「いや、それよりも、早く着けと車体を縦横に身体を使って揺らすんですよ。そしたらこれも揺れる揺れる。横転するんじゃないかと、怖かったです。」
    「そんなの、日本じゃありえないね。」
     俺は目を丸くしながら答える。
    「そう言えば、山本さんとは?」
    「あ、行きに迷った事を話したら、一緒に帰ろうって誘ってくれたんです。」
    「あ、そうなんだ。」
     こうして、新たに仲間が増えたわけである。
     トラムが所々で止まる。そしてお客が降りる。
     俺は山本さんの顔を見る。
    「山本さん、どこで降りるかわかりますか?」
    「多分わかると思う。」
     多分という言葉に不安を覚える。
     行きはいい。サンシーロへ行く人達の群れに着いていけばいいのだから。しかし帰り道はそれぞれである。
    「でもドォーモ駅は大きいから、みんな降りるんじゃないんですか?」
    「いや、そうでもないのよ、これが。」
     ますます不安になり、井関さんと顔を見合わせる。  
     曇るガラス越しに外の様子を見る。しかしどこも同じ様な街並みに見え、わからない。特にアナウンスもあるわけでもない。
     すると、山本さんが高橋さんと俺に言う。
    「そろそろの筈。」
     ドキドキする。降りるのを間違ったら最後だという意識である。こんな夜遅くに降り間違えたら、どうすればよいのか皆目見当がつかない。
     そしてさっきまでの興奮は冷め、緊張の一瞬は訪れ、無事に4人で降車する事ができた。
     トラムの停留所から少し歩くとドォーモ広場で、そこからまた地下鉄でホテルへと帰る。 ホテルのロビーに辿り着くと、井関さんと山本さん、高橋さんと俺とで別れ、そして各々の部屋へと帰る。
     骨は疲れた肉体を支えきれずに、身体をベッドへ投げ出す。テレビを付けてみる。
     何を言っているかわからない。いくつかチャンネルを変えてみると、今日のミラノダービーについてを放送している。選手名やチーム名が所々出てくるので、それで何とかわかる。ぼーっとそれを眺めながら、シャワーを浴びなくてはと身体をなんとか起こす。
     疲れを熱めのシャワーで洗い流し、再びベッドへと潜り込む。
     記憶の薄れるのは早く、深い眠りで、気付いたら翌朝であった。

    スポンサーサイト
    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    第23話 ミラノの朝-1
     ベッドから起きだし、小さい窓を開けると、外はまだ暗い。朝7時というのに暗いし、昨日は夕方から暗くなった。北海道辺りと同じぐらいの緯度にある事を考えれば当然ではあるのかもしれないが、目の前に見せられると妙に納得がいかないから不思議である。しかしそう考えると暖かいのだろう。
     向かいの建物を見ると小雨が上がっている様に思え、思わず窓から手を出すと微かに湿気を感じる。
     ベッドへ戻ると昨晩の興奮の余韻が甦る。
     そしてスポーツ新聞であるガゼッタ紙を買っておかなければという事を思い出し、とにかく着替えてホテルを出る。眠気は昨日の逆転劇が覚めさせる。
     とにかく大通りへ出れば屋台などでうっているかもしれない。腕時計を見ると7時25分であったが、とりあえず行ってみようと考え、足を運ぶ。
     全く人気のない通りを出て、100メートル程行った大通りに出る。しかしそこも人気がなくゴーストタウンのようである。緑色の売店らしき小屋を見つけるが、残念ながら扉は閉ざされている。小屋を一回りし開店時刻の貼り紙などがないか見て回るが、期待を裏切られる。
     よく考えてみれば今日は日曜日である。
     俺は、昔の日本を思い出す。まだコンビニなど一般的ではない時代を。
     遅い開店であればまだいい、定休日の可能性もある事に気付く。
     そして、ふと想像してみる。ミラノ在住であれば誰もが昨日の試合に燃え、盛り上がったに違いない。すると次の日の朝は二日酔いで・・・。そんな姿に苦笑する。
     しかし諦められない。今日はこの後午前中からバスで、ボローニャ対ユベントスを観戦予定なのである。あまり時間があるとは言えない。
     とりあえず、俺は街をブラブラと歩く事にする。見知らぬ街を探索するのは好きであるし、何か見つかるかも知れない。
     するとホテルの周囲にはリストランテや、中華料理屋などが点在している事を発見する。
     いつの間にか先ほどのホテルから大通りへ行く道の裏側に来ている。
     そこで本屋なのか雑貨屋なのか、とにかくお店を見つける。
     遠くからでは判然としないが、何か面白そうであり、電気も付いている様である。ちょっと覗いてみる気になり、足早にそちらへ向かうと、今朝初めての人とすれ違う。
     中年のイタリア人女性であろうか。物珍しげにまじまじと視線を受ける。しかしかまわず、目的のお店の正面へと向かう。
     お店は一面大きな窓ガラスが黒い枠にはめ込まれている。ガラス越しに覗くと、雑誌や新聞、お菓子などがありそうである。
     そして奥では初老で白髪の男性が、何か作業をしている。
     オープンともクローズとも書かれておらず、入っていいものなのか困惑する。
     数歩店から離れて、辺りを見回してみる。相変わらず静かである。
     しかし、目的の新聞がありそうである事を考え、もう一度お店の前まで歩み寄る。
     中の様子を窺う。
     すると店内の男性がドアを開けようとしてくれる。
     特に言葉を発することなく、中へ入る様に促してくる。
     妙に緊張しながらも、目的の新聞、ガゼッタ紙を発見する。それはカウンターの前に並んでいる。
     カウンターの向こうに周る男性店員は、恐らくこう言ったのであろう。
    「ボンジョルノ。」
     俺もこう返す。
    「ボンジョルノ。」
     そして通じるか疑問に思いながらも
    「ガゼッタ、ペルファボーレ。」
     日本語に訳すと、ガゼッタをお願いします、である。こんなもので通じるのか?少し不安になる。しかし目前にある商品なので、何とかなると思い反応を待つ。

    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。