1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第10話 ミラノ-2
     バスに乗り込み、俺は山本さんの隣りに座る。
     そして先ほどのお騒がせ案内人の女性が、バスガイドの様に立って、話しを始める。
    「これから案内させて頂きます、小林と言います。さて、ミラノは30cmの雪が積もり、これは大変珍しい事で、飛行機や交通に影響が出ていました。その為、飛行機も遅れてしまったようです。」
     住んでいる東京でも、雪が30cmも積もれば、大雪の部類であり、電車が止まったりするのは、過去に経験がある。
    「それから、ホテルへはここから約1時間程です。それまで、今回のツアーを楽しんで頂く為の注意事項をお話しします。まず、お水ですが、殺菌剤が入っているので、美味しい事はないですが、お腹を壊す様な事はなく、安全です。しかし、パスポートや貴重品などはなるべくホテルのセイフティーボックスへ預ける事をお勧めします。イタリア国内はスリが日本人を狙う事も多いので、お財布などは十分注意してください。以上です。何か質問があれば、どうぞ。」
     こうして一通り終わると、俺はどうにもお腹が空いている事に気付く。機内では予定通りの2食。そしてミラノには夜7時から、8時頃にはホテルに到着する筈だったので、きっと皆もそれからご飯を食べると考えていた。しかし、既に9時を回っている。
     俺は早速、質問をする。
    「すいません、何か食べる所はありますか?」
    「ええ、ホテルから歩いて10分程の中央駅構内にスーパーがあります。ただし、夜に出歩くのはあまりお薦めしません。」
     何か食べたいが、不案内な場所を夜歩くのは、男の一人歩きだとしても、安全とは言い難いのだろう。
    「わかりました、ありがとうございます。」
     空腹に弱い俺は、苛立ちを感じ、山本さんに話しかけてみる。
    「山本さんはお腹は空いてませんか?」
    「あ、私は、それほどでは。」
    「そうですか。」
    「ホテルの場所もわかりにく感じなので、今日は止めた方がいいかな。」
    「そうですね。」
     俺は、それでもスーパーへ行く事が諦めきれない。とりあえず、ホテルへ着いてから考える事にしようと、密かに思う。

     そうこうしている内に、ホテルへ到着。チェックインする事になる。意外と綺麗な淡いサーモンピンクの壁面をしているのが、特徴的である。一行はバスを降りた後、ヨーロッパ風の装飾がふんだんに使われているロビーへと集められる。そして一人一人、チェックインをするのであるが。名前を言い、かたことの英語、覚えたてのイタリア語の単語で、何とかチェックインをする。そして、フロントの人からカードとそれを入れる紙を渡されるのだが、その表に書いてある数字が読めない。
     これは、1なのか、4なのか、7なのか。3桁の数字と睨めっこである。
     それを見ていた山本さんが、
    「これは127号室ね。」
    と、説明してくれる。そして同様に分からないと悩んでいた高橋さんにも、
    「135よ。」
    と、教えてあげている。すると、次々とツアーの人が山本さんに聞きに来る。愛想良くコレに応える、彼女。その度に、
    「これが、4?」
    「これが、7?」
    と、驚きの声が上がる。
     こうして、何とかそれぞれの部屋番号もわかり、3人組みは目の前にあるエレベーターに乗り込む。私と高橋さんは1階、山本さんは4階である。イタリアではこれがスタンダードなのかは知らないが、エレベーターの表記からフロントは0階という事らしい事は、目視で確認している。
     エレベーターの中で、俺が提案する。
    「明日は0階のレストランで朝食を7時半頃にしませんか?」
    「そうですね、それぐらいがいいですね。」
     2人はそう答え、高橋さんと俺は、1階で降りる。そしてそれぞれ、部屋を探し始めるが、どこをどう行っても、123号室までしか部屋はない。頼みの綱であった山本さんはいない。
    「どうしましょう?」
     高橋さんの困惑顔が、俺をも不安にさせる。
    「とりあえず、フロントへ戻りましょう。」
    「そうですね。」
     こうして、2人はフロントへ戻る事になる。 

    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。