1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第12話 ミラノ-4
     何度見ても1時である事には変わらない。腕時計を見ても1時。テレビを付けてみる。しかしやっている番組内容から推測はできない。
     やってしまった。
     それも旅行早々である。
     高橋さんや山本さん、それに他の人達もきっと観光を楽しんでいる事であろう。どうしたらいいのか、わからず、とにかく一度落ち着こうとシャワーを浴びてみる。
     そして外に出る格好に着替えてみる。
     冷静に振り返っても、昨日朝食を一緒に摂ろうと約束した2人からは連絡がなかった筈である。俺は、電話などがなれば起きる方である。とりあえず、山本さんの部屋へ電話をしてみる。もしかしたら、街へ行った後、部屋に戻っているかもしれない。
     なかなか出ない。
     やはり外出してしまってるのだろう。そして電話を切ろうとした時である。彼女の声が聞こえる。俺はホッとしたのと同時に、申し訳なさで一杯である。
    「すいません、朝食に行けなくて。折角約束をしましたのに。」
    「はい、はい。」
    「それで、今、何をしていますか?」
    「うん?」
     眠たげな彼女の声に、俺の脳味噌は、全てに気付く。現在が、夜中の1時過ぎである事に。つまり、ベッドに潜り込んでから数時間しか経てない事だったのである。顔から火が出るとはまさにこの事である。
    「すいません、お昼と間違えてしまいました。ごめんなさい。」
    「あ、ビックリした。何かと思ったわよ。」
    「本当に、ごめんなさい。」
    「大丈夫よ、おやすみなさい。」
    「はい、おやすみなさい。」
     こうして電話は切れる。時差ボケというものを痛感した。しかし、同時に安心もした。
     俺はパジャマに着替え、再びベッドへと潜り込む。
     目が覚めると、6時半になっていた。
     今度こそ朝である事を確認する為に、厚いカーテンを開け、外を確認する。曇天だったが、夜ではない。そこへ電話が鳴る。
    「はい、もしもし。」
    「山本ですけど、おはよう。」
    「あ、昨晩は本当にごめんなさい。」
    「あはは、良いわよ。大丈夫。それより、朝御飯を早めに食べない?」
    「あ、そうですね、わかりました。じゃ7時頃に下のレストランへ行きますね。」
    「じゃ、下でね。」
     電話は切れる。昨晩の失態が頭の中を巡る。どう顔を合わせたものか、考えながら下へのエレベーターに乗る。
    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。