1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第24話 ミラノの朝-2
     想像以上にスムーズに俺に新聞を渡してくれる。もう少し試行錯誤するかと思っていたが肩すかしを食らう。
     彼は新聞を渡すと店の奥にあるカウンターの向こうへと下がる。俺は先日の値段と同じ1ユーロ札と0.2ユーロを硬貨で差し出す。
     しかし新聞をみると0.9ユーロの文字が目に入る。
     渡す金額を間違えてしまった事に「まずい!」と思う。
     チップとして取られてしまう、とか、計算間違えで返ってこないと恐れる。レジを見ていると1.2ユーロはしっかりと納められてしまい、計算機を使ってお釣りを計算している。 するとちゃんと0.3ユーロをお釣りが返ってくる。
    「グラツィエ。」
     俺はそうお礼を言うと店を出る。しかし不思議である。最初から0.2ユーロ硬貨を返し、1ユーロ札で計算すれば特に計算機などいらず暗算でできるものである。 
     朝靄の中をホテルへと向かい歩き、トラムの線路を横切る。
     ホテルへ辿り着くと山本さんが朝食を摂っているかと思い、1階のバイキングを覗くがそれらしき人はいない。
     仕方なく、自分の部屋へ一度帰り、テレビを付ける。見慣れないアニメがやっている。暫くそれを眺めていると、30分が過ぎる。
     幾らかお腹が空き、1階へ下りていき朝食を摂る事にする。
     昨日の朝食もそうだったが、ハムとチーズとジャム入りのクロワッサンと珈琲。それにヨーグルトとフルーツ。和食が食べたいとは思わなかったが、何かバリエーションがないものかと思った。ただ話によると昼夜はしっかり食べるらしいが、朝は甘いパンとカプチーノで済ます事が多いらしい。これも文化である。
     何となく口に運ぶ朝食。
     すると山本さんが姿を現す。
    「おはようございます。」
    「おはよう。何時に起きたの?」
    「7時頃ですね。」
    「今までに何を?」
    「すぐ裏に本屋があり、そこで新聞を買ってました。」
    「私は昨晩は疲れ切って寝てしまい、朝になってようやくシャワーを浴びて起きてきたのよ。」
     そんな所から朝の会話は始まり、昨夜の試合の話しや、今日の天気の話しをする。
    「天気予報によると今日もイタリア全土で天気が良くないらしいですね。」
    「そうなのよね。サンシーロは屋根があったから良かったけど。」
    「ボローニャのスタジアムは屋根がないらしいですしね。」
    「そうよねぇ。」
    「それに試合が荒れる可能性もあるし、自分達もずぶ濡れで、更に冬の風が身体を冷やしちゃいますしね。」
    「そうそう、それが困るわよね。まぁ、何とかなるでしょうけど。」
     俺は昨年の冬、1月の事を思い出す。
     日本で真冬に6時間程の試合を観戦した事がある。
     国立競技場で行われた2003年のA3チャンピオンズカップである。
     昼過ぎから始まったその試合は、一時間の中断を挟んで2試合目が始まる。3人の仲間といたのだがその当時、雨は土砂降り、時に雪に変わったりした。
     1時間の中断期間には、スタンドから屋根のあるコンコースへ避難し、とにかく無言で堪え忍ぶ。
     唇は薄紫になり、吹き込む風に心内で文句をいいながら、そして二度と吹き込まない様に祈りながら、体を震わす。その時確かスタジアム内では何か踊るセレモニーの様なものをやっていたのだが、誰も好きこのんでそれを見る者はいなかった。何度2試合目を見るのを止めて帰ろうかと思った。しかし結局2試合見てしまう。我ながら誇るべき愚行である。
     試合開始前、ビールを飲んで体を温めようと思ったが全然利かなかった。酔わないのである。酒が回らない。
     効果が出たのは、驚くべき事に帰りの電車に乗って暖かい場所へやっとたどり着いた時に、急に酒が回ってきたのである。数時間前に飲んだアルコールが回る事があるものかと、びっくりした。そしてそれほど寒かった事を改めて実感した。
     山本さんはこんな話を聞いて、目を丸くしていた。
     しかし、「サッカーバカ」と言われる人種は不思議なもので、お互いの行動には目を丸くするクセに、いざその立場となると狂った行動をとってしまうのである。後で聞くと呆れ果てられる程の事を。
     しかしこのイタリアの地まで来てそんな寒修行に近いことをやらされるのは勘弁して欲しかった。近所の神社の神通力よ、この地まで通じてくれと祈ってしまう。
     そんな話しをしていると、高橋さんが姿を現す。

    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。