1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第31話 旅行の黄昏-2
     一通り荷物が詰め終わると、俺はロビーへと下りた。
     既に皆が揃っている。
    「じゃ、行きましょうか。」
     そう山本さんに先導されるのも最早見慣れた風景である。
     お店はあのスポーツ新聞を買った店の脇道を入った所にあった。
     お腹を空かせていたし、リストランテに入るのも2回目なので、慣れたモノで、次々とオーダーする。前菜、フィットチーネノパスタ、イカ墨リゾット、魚の盛り合わせ、赤ワイン。
     次々と料理が出てくるがその度に山本さんと俺はワインのデキャンタを空けてしまう。しまいには赤ワインのボトルを一本頼んでしまい、みんなで飲みきってしまう。
     料理も美味しいが、ワインも強い渋みなどはなく、スルスルと入ってしまう。
     俺の今回の旅行も明日帰るので最後の晩餐になる。
     かなり酔っ払いながらも、グダグダと冗談を交わしたり、感想を言い合ったりする。
     そして、お決まりのブオーノをやり、店員を笑顔にさせて帰途に就く。
     何ごとも無くホテルのロビーで皆と別れ、部屋に戻り、俺はベッドになだれ込む。
     ふと目が覚めると、夜中の3時である。
     妙に目が冴えてしまい、テレビのチャンネルを当てもなく変える。チャンネル数は20ぐらいあっただろうか。しかし面白いと感じるものは全くなく、いつのまにか眠りに落ちていた。
     翌朝、空港へと出発である。まずはロビーで朝御飯を食べる。
     これがこの仲間の最後の食事である。俺はそんな感傷に浸りながら、こんな言葉が口から自然と出る。
    「連絡先の交換とか、集合写真とか撮りませんか?折角ですから。」
    「いいですよ。」
    「いいですね!」
    「記念ですしね!」
     そんな賛同を得て、無事写真とメールアドレスの交換をしたのである。
    集合写真
     こうして、皆が連絡先を交換した事で、後日また面白い事が起こるのである。

    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。