1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第9話 ミラノ-1
     飛行機を降りて何となく進んでいくと、見覚えのある形をした所へ出る。預けた荷物がよく出てくる場所である。そう、ベルトコンベアの様に、預けた物が出てくる筈が、静まりかえったままである。
     しかし、俺には話す山本さんと高橋さんがいる。二人ともやはり不安気な感じである。
     脳裏を山本さんが言っていた「荷物が違う所へ行ってしまった。」との言葉が過ぎる。
     大丈夫なのか?と、時計を何度見ても、動く気配がない。来る場所を間違ったのか?とも話し合ったが、便名、出発地などは確かにここを表している。
     そう思って、ざわついてきた頃、やっとゴロゴロとローラーが動き出す音がする。しかし、すぐにそこで出てくる事もなく、暫くマシンは動いたままである。
     呆気に取られていると、やっと見慣れないスーツケースが、一つ、二つとゆっくり出てくる。しかし、一向に俺たち三人の荷物は現れない。
     何度も目の前を黒いスーツケースが通り過ぎる。俺のはわかりやすい様に紺色にしたのだから見間違えるわけがない。そして途方に暮れそうになった時に、やっと見覚えのある紺色のスーツケースが姿を現す。
     すると、次に山本さん、高橋さんの分までが現れる。こうして無事に3人でその場を離れる。出口をくぐると「サッカー観戦ツアー」の紙を持った、白髪のイタリア人らしき人に目が行く。しかし、サッカー観戦ツアーと言っても、このツアーかどうかはわからない。しかし、相手は手慣れた感じで奥の方を指す。
     とりあえず指示に従ってみると、そこには同じツアーらしき人達が固まっている。そして、日本人らしき女性の案内人が声をかけてくる。
    「こっちです。」
     そしてその女性は、山本さんにこう話しかけてくる。
    「また参加なんですか?」
     笑顔で答える山本さん。
     確かに、中年女性が一人でサッカー観戦ツアーとは珍しいから、覚えられても当然かもしれない。
     周囲を見渡せば、スーツケースにはカルチョツアーの荷札が付いている人が沢山いる。ちょっと話しかけてみると、学生の卒業旅行だったり、新婚旅行だったり、一人で参加している人など、色々な人がいる。
     そう、このとき既に3人は共同参加でもした様に振る舞っている。
     そんな内に続々と人が集まり、ツアー参加者は20人程度となる。
     それでは、ホテルまでのバスに乗車という事を、告げる。しかし誰かが「参加者は全員いるのか?」という事を言うと、案内人の女性は思い付いたように数え始める。
     緊張が走り、皆が直立不動で数えられるのを待っている。すると、1人足りない。しかし、辺りには日本人らしき人は見当たらない。案内人の女性は、周囲を歩き回るが、誰もいない様であり、戻ってくる。そして再び数え始める。
     すると、今度は1人多いと言い始める。
     手持ちの名簿を見ながら、何度か数えると、実は最初から人数は合っていたというオチが付く始末である。
     何かとスムーズに行かない。荷物の受け取りや、点呼がこれほど時間のかかる事だとは思わない。日本では珍しい事だろう。しかし、イタリアでは日常茶飯事と覚悟してきたので、気にはならない。
     こうして、やっとバスへと乗り込む事ができる。

    テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック


    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。