1. イタリア旅行サッカー観戦記 | 天空のミラノ
    異国の地でのサッカー観戦を通じて、サポーターの絆は強くなっていく。それはいつまでもいつまでも続くと思っている。





    プロフィール

    けーのすけ

    Author:けーのすけ
    横浜Fマリノスのサポーター。色々な友達と話したり付き合ったりする事を大事にしている。



    最近の記事



    最近のコメント



    最近のトラックバック



    月別アーカイブ



    カテゴリー



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ブログ内検索



    RSSフィード



    リンク

    このブログをリンクに追加する



    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第2話 旅行の東雲-2 
     イタリアへサッカー観戦に行く事を決めてから、雑誌、インターネットを探した。しかしわかった事と言えば、英語も話せない俺は、割高であるサッカー観戦ツアーに参加しなければ、無理であろうという事だ。
     やはり安く行きたいという事。
     友達は英語も話せずにスコットランドを旅したという話。
     しかし、ある旅行会社の人と話した時に、観光であるならば可能かもしれないが、サッカー観戦は到底無理で、経験者でも何度かは経験が必要とアドバイスされた。
     俺の夢である、サッカー観戦を安く行く事が尽きかけた時、思い直した。どうせ割高であるなら、自由の身を生かして現地人でも見ることが難しい、ミラノダービーを見てやろうと思いついた。
     ミラノダービーとは、ミラノに所属する2つのチームが試合をする事であり、その日は街中がお祭りと戦争を合わせた様な日であり、お店もダービーマッチを理由に堂々と休む事があるという程、凄まじいものである。
     丁度一方のチーム、ACミランには好きな選手、トマソンが所属していると思い、心は決まる。しかし、なかなか簡単には見つからない。
     そんなおり、週刊サッカーという雑誌を見ていると、あるではないか。ミラノダービーが。なんと毎週読んでいる雑誌に掲載されている。そしておまけに、イタリアで活躍中のボローニャの中田英寿と名門ユベントスの対戦も観戦できる。
     嬉しさの余り、飛び上がりそうになり、すぐに予約をした。
     そして、面倒な書類手続き等の予約が終わり、25万円を振り込み、パスポートを更新している間、毎日が興奮で寝付けなかった。しかし、全ての手続きが終わり、あとは旅行の準備をするだけとなると、途端にトーンダウンした。
     荷造りは大の苦手なのである。

     隣を歩く稲葉にはイタリアへ行く事を以前話していた。そこで、まだ準備をしていない事を話すと、代わりに行こうか?と冗談が飛び出す。とんでもない、と切り返し、帰ったら準備をしなくてはいけないと、観念する。
     「しかし、よく一人で行くよな。」
     突然の稲葉の言葉だった。俺は彼の人の良さそうな顔つきが、驚いている様を怪訝に見つめる。
    「だってさ、友達とか誰もいないんでしょう?不安じゃないの?」
    「うん。」
     生返事をする。考えないでもなかったが、何とかなると根拠のない無謀な自信を持っている。
    「何とかなるよ。」
     試合のない時間はガイドブックを手に、町中を散策できれば良いと思っているし、試合はチケットもあるのだし、試合会場まで遅れずに行けば良いだけである。
     特に名所を回りたいという希望はないし、本場のイタリア料理にありつければいい。
     サッカー観戦と、料理を食べるだけが重要なのだから、そんな返事にもなる。
    「ふーん、そうなんだ。」
     と、彼は小さく頷き、まだ半分も来ていない駅までの道のりを、牛歩で歩き続ける。

     家へ帰り着くと、既に眠気が襲っており、それに荷造りの面倒臭さが拍車をかける。
     「それでいいのか?大丈夫なのか?」と言う真面目なもう一人の自分などお構いなしである。性分というものはそうそう変わらない。「明日一日でやればいいんだろ。」と、悪態をついて、眠りに落ちる。



    ■このブログを推薦する
    にほんブログ村 旅行ブログへ
    FC2 Blog Ranking



    FC2 Blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。